2016年05月26日

社外取締役、義務化せず 会社法改正案 経

法務省は、企業の不正を防ぎ、経営の透明性を高めるために検討していた社外取締役の起用の義務づけを断念する方針を固めた. 社外取締役が力をもてば経営者の権限が弱まると心配した経済界が強く反対し、法務省としても強行はできないと判断した. 18日の法制審議会(法相の諮問機関)の部会で断念の方針を示す. 社外取締役の義務化は、昨年、オリンパスや大王製紙などの不祥事が相次いだことから、政府・民主党で議論が進んでいた. しがらみのない外部の取締役を入れ、経営をチェックしようとの狙いだった. air jordan 6 B★RS THE GAME』沢城みゆきさ 法制審も昨年12月、上場企業で資本金が5億円以上の「大会社」などに、1人以上の社外取締役を義務づける会社法改正の中間案を公表. 日本のコーポレート・ガバナンス(企業統治)強化策の柱と位置づけ、早ければ今秋の臨時国会に改正法案を出す考えだった.
posted by Takakura希良梨 at 04:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください