2016年05月29日

飛翔(ゼノギアス)』にはゼプ方佐智ツェンの姿も

スクウェア・エニックスから好評発売中の3DS用ソフト『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』. 1月7日に配信された追加楽曲のレビューをお届けします! 今回の配信は"2nd Performance"と銘打たれ、『FF』シリーズのみならず、さまざまな人気タイトルの曲も登場していることが特徴です. 11月に配信された『ブレイブリーデフォルト』の楽曲も、この"2nd Performance"の一環となっています. 価格は各曲150円(税込)です. このレビューをお届けするのは、『シアトリズムFFCC』の全曲レビューを担当しているそみんです. GB版『聖剣伝説』や『ゼノギアス』など、往年の名作の神曲が続々と登場することに感動が止まりません! 【1月7日配信の追加コンテンツ】 ・オープニング~爆破ミッション[BMS](ファイナルファンタジーVII) ・原始の審判[BMS](ファイナルファンタジーXIV) ・飛翔[BMS](SQUARE ENIX Titles/ゼノギアス) ・Last Battle -T260G-[BMS](SQUARE ENIX Titles/サガ フロンティア) ・聖剣を求めて[FMS](SQUARE ENIX Titles/聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~) ・Sacrifice Part Three[BMS](SQUARE ENIX Titles/聖剣伝説3) ●オープニング~爆破ミッション[BMS]レビュー オープニングイベントで流れる曲で、緊迫感がある重低音が印象深い曲です. PSというハードでドット絵から3DCGでの表現に変わり、新たな『FF』シリーズの幕開けとなった『FFVII』. 目を閉じると、クラウドやバレットの姿が浮かんできて、ついつい遊び直したくなりますね. ●原始の審判[BMS]レビュー 蛮神イフリートとのバトル曲. ややスローテンポのイントロを抜けると、戦闘曲にふさわしい熱いメロディパートに突入! ところどころ4連タッチが必要となるので少し難易度は高めですが、テンポよくタッチできた時の達成感と爽快感は格別ですね. ●飛翔[BMS]レビュー PS『ゼノギアス』のイベントやバトルで流れる軽快な曲です. 多くの名場面で使われているので、人によって思い出す光景は違うと思いますが、『シアトリズムFFCC』の背景で描かれているのは空中都市シェバト. それだけでも熱いのですが、マリアが搭乗する重量級ギアのゼプツェンまで描かれていて、めちゃくちゃニヤリとできました! ●Last Battle -T260G-[BMS]レビュー 『サガ フロンティア』の主人公の1人であるメカのT260Gのラストバトル曲. そもそもT260G編の局はテクノ系が多いのですが、この曲ももちろんテクノでかっこいいです! ちなみにステージ背景は原作をかなり忠実に再現しており、カラーバーが林立している他、"NO FUTURE"の文字も表示されます. ●聖剣を求めて[FMS]レビュー GB『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』の物語後半のフィールド曲です. ボガードと一緒に飛空艇に乗り込み、そのクリア後に砂漠付近に投げ出された時から変わる勇ましい音楽です. ステージ背景にはマナの木やキノコ型の敵などがいて、とても『聖剣』っぽいです. それにしても、もう20年以上前のゲームボーイの音源なのに、まったく古さを感じません. 思い出補正があるとはいえ、音数の少なさを感じさせないところがすごいです. 無料ブログはCSCブログ 容量無制限・アフィリエイト ●Sacrifice Part Three[BMS]レビュー 『聖剣伝説3』の最終ボスの曲で、敵のHPが少なくなってきたクライマックス時に流れます. enivlepa バトル前半で流れる『Sacrifice Part Two』がダウナー系の不気味な曲なので、この熱い後半曲で一気に来てテンションが上がる感じです! かなり長い曲なのですが、しっかりと4分近く収録されているので、遊びごたえがあります. 【『シアトリズム』関連記事】 ・3DS『シアトリズム ドラゴンクエスト』レビュー. アディダス 『TFF』との違いとは? ・『シアトリズムFFCC』全曲レビュー. 秘密のパスワードや初心者向けの攻略テクニックも掲載 ・Revoさんの楽曲の感想は? 『ブレイブリーデフォルト』×『シアトリズムFFCC』コラボ曲レビュー ・秘密のパスワードやプロフィカから集計した『シアトリズムFFCC』人気曲ランキング ・『シアトリズムFFCC』開発者インタビュー. 続編としての変更点を総まとめ.
posted by Takakura希良梨 at 16:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

社外取締役、義務化せず 会社法改正案 経

法務省は、企業の不正を防ぎ、経営の透明性を高めるために検討していた社外取締役の起用の義務づけを断念する方針を固めた. 社外取締役が力をもてば経営者の権限が弱まると心配した経済界が強く反対し、法務省としても強行はできないと判断した. 18日の法制審議会(法相の諮問機関)の部会で断念の方針を示す. 社外取締役の義務化は、昨年、オリンパスや大王製紙などの不祥事が相次いだことから、政府・民主党で議論が進んでいた. しがらみのない外部の取締役を入れ、経営をチェックしようとの狙いだった. air jordan 6 B★RS THE GAME』沢城みゆきさ 法制審も昨年12月、上場企業で資本金が5億円以上の「大会社」などに、1人以上の社外取締役を義務づける会社法改正の中間案を公表. 日本のコーポレート・ガバナンス(企業統治)強化策の柱と位置づけ、早ければ今秋の臨時国会に改正法案を出す考えだった.
posted by Takakura希良梨 at 04:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

テルマ&ル方佐智イーズ』

ロードムビーといえば、ブラッド・ピットが最も輝いている映画といえばやっぱりこれかな? と思わせるのがこの『テルマ&ルイーズ』. 主人公である女性2人の何者にも縛られない自由な生き方への挑戦もさることながら、出番は短いながらもその魅力全開だったブラッド・ピットが一番記憶に残る映画でしたね. 平凡な主婦テルマと友人でウェイトレスのルイーズは親友同士. ある日2人でドライブに出かけた先でテルマが見知らぬ男たちにレイプされそうになります. ところが勝気なルイーズがテルマを守ろうとこの男たちを射殺してしまい、そのまま2人は銀行強盗をして逃避行に移るのですが…という物語です. 人生に楽しみを見出せていなかった女性2人が逃避行という名の自由な旅を楽しみながら本当の「自由」を求めていく…そんな感じの映画ですね. 平凡な暮らしは安定はしていますがやはり退屈です. 人間誰でも何か起こらないかな? と考えながら生きるものですが、最終的に誰もが求める幸せというのはやはり「心の自由」ではないかと私は思います. もちろん何もタンクローリーに発砲して爆発させることだけが「自由」ではありませんが、それまでの生活、特に対男関係に関して不満だらけの彼女たちがひたすら逃げて逃げまくるなかで自然と大事なものを見出していく様はすごくよかったです. 束縛から解放され自由を満喫できる喜びと帰る場所がない寂しさが交差する2人がすごく魅力的でしたね. lanmoducdent また魅力的といえばこの映画に出てくる男性陣も忘れちゃいけません. 出番はすごく短いながらもその甘い笑顔が忘れられないブラッド・ピット. 逃避行する2人を追いかける人情派の刑事ハーヴェイ・カイテル. ニューバランス そして優しく事態を飲み込むマイケル・マドセン. 誰もがその魅力を大いに味わえる存在でいてくれる、非常に個性的な映画だと思います. そしてあのラスト…本当の自由を得た2人が文字通り飛び立った気持ちのいいシーンでしたよ. 『グラディエーター』や『エイリアン』とは全然違う映画だけに、改めてリドリー・スコット監督ってすごい監督だな~って思いましたね. 弟のトニー・スコット監督と比べてもその実力の差は歴然としている気がしますが、でも私はトニー・スコット監督の映画も結構好きですよ. pharlolaro 特にこれといったものはないですけどね…. 深夜らじお@の映画館 はあまり日本アカデミーに興味はありませんが、蒼井優ちゃんには興味津々です.
posted by Takakura希良梨 at 11:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。